遺産相続サービス

相続税とは?

基礎控除額

相続税は、正味の相続財産(プラスの相続財産-マイナスの相続財産)である課税価格から、「基礎控除額」を引いたものに対してかかる税を差します。
「基礎控除額」は3000万円+(600万円×法定相続人の数)で算出されます。
亡くなった人の財産が基礎控除額以下だと、相続税は1円も払うことはありません。
また、相続税の申告をする必要もありません。
亡くなった人の財産が基礎控除額を超えると相続税がかかることになりますが、財産から基礎控除額を差し引くことができる為、その差し引いた分の相続税が少なくなります。
例えば、亡くなった人に妻と子供が2人いれば、3000万円+(600万円×3)=4800万までの財産には、
相続税がかかりません。仮に1億円の財産があれば、1億円-4800万円=5200万円に対して相続税がかります。

法定相続人の数

法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、
その放棄がなかったものとした場合の数となります。
例えば、子供2人が財産をもらわず、亡くなった人の妻だけが財産をもらっていても、
基礎控除額は3000万円+(600万円×3)=4800万となります。
法定相続人の中に養子がいる場合の法定相続人の数は、次の通りとなります。
[1]被相続人に実子がいる場合、養子のうち1人までを法定相続人に含める。
[2]被相続人に実子がいない場合、養子のうち2人までを法定相続人に含める。

対策

遺産分割

遺産分割

相続税が安く、納税が可能だとしても、
遺産分割の話がまとまらなければ 意味がありません。
私共は、複数パターンの分割案のシミュレーションに基づいて、
相続税が安く、かつ遺産分割がスムーズにいくプランをご提案いたします。

節税対策

相続税は安いに越したことはありません。しかし脱税は犯罪です。
私共は認められた方法を駆使し、相続税を引き下げるご提案をいたします。

納税資金対策

いくら相続税が安くなっても払えなければ意味がありません。
私共は、相続税が安いのはもちろんのこと、
納税がスムーズに出来るようなプランをご提案いたします。

料金

詳細はサービス紹介(料金表)にてご覧ください。

遺産相続サービス:成功事例・お客様の声

100件近くの貸地所有者の相続のご依頼を受け、土地の評価減による相続税の節税と、
提携不動産コンサルタントによる借地人との交渉により、
貸地を底地人に買い取ってもらい、スムーズに申告・納税を終えていただきました。

成功事例・お客様の声はこちら >

遺産相続サービス:よくあるご質問・Q&A

お客様から寄せられる、遺産相続サービスに関するよくあるご質問をご紹介いたします。

よくあるご質問・Q&Aはこちら >

相続サイト・ジャスティスTAXサイトのご紹介

遺産相続サービスサイト|税理士法人ジャスティス会計事務所

※より専門的な情報は、相続サイト「ジャスティスTAX」にてご覧下さい。